まんぷくにゅーす

たべもの関係まとめサイト http://manpukunews.blog.jp/

1: ばーど ★ 2018/01/01(月) 17:49:04.82 ID:CAP_USER9
アマゾンオリジナルの「スター・ウォーズおせち」(2万5900円)。ロゴやキャラクターがアクセントになっている
no title


 お正月といえばおせち料理。流行語大賞に選ばれた「インスタ映え」が、“買う”おせちの世界にも広がっている。「スター・ウォーズ」や「ウルトラセブン」などのキャラクターものや、1メートル超えの“日本一背の高い”おせちなど、変わりおせちが百花繚乱(りょうらん)。選ぶ楽しさは増した。が、一方で、「伝統を軽視している」「風情がない」と嘆く声も。おせちはこんなに変わっていいのだろうか-。

■116品を21段に

 「ごらんください。これがアマゾン限定日本一背の高いおせちです」

 12月上旬、アマゾンジャパン(東京都目黒区)が同社の通販サイトで販売するおせちを発表。目玉のひとつ、高さ約117センチ、21段重の「タワーおせち」がお披露目された。

 縁起物の数の子や黒豆をはじめ、ローストビーフ、フグ刺し、エビチリなど、実に116品もの和洋中の味覚を一堂に会した豪華なおせちの価格は20万円也(限定10セット)。

 「撮影して友人に発信したくなるような華々しいおせちを企画したかった」と、同社食品・飲料事業部の吉沢直大事業部長は説明する。

 近年、通販おせちは躍進し、同社は2013年から4年間で売り上げは約6倍に。今年はタワーおせち以外にも、新作が公開された映画「スター・ウォーズ」のキャラクターがちりばめられた三段重から、人気パティシエ監修のスイーツおせちまで、ラインアップを約480種類に拡大した。

 一方、おせちは「作る」「買う」だけでなく、近年は「食べに行く」のも人気だ。

 お正月に、ホテル内のレストランや宴会場を使って実施される「おせちバイキング」は、元旦から予約が取れないほど。宿泊者以外のお客も利用でき、近隣に住む家族連れが、初詣の前後に利用するケースが目立つ。それぞれが好きなおせちを、好きなだけ食べるのが正月のレジャーのひとつになっている。

■年神様を迎える心で

 おせちをつつきながらの家族のだんらんはほほえましく映るが、「一番大切な『年神様を迎える』という意識が欠落しているように見える」と、食文化史研究家の永山久夫さんは指摘する。

 古くから、お正月には新しい年の神様である年神様が山から家々へ降りてくると考えられてきた。年神様をわが家へ迎え、おもてなしをする。心を込めて料理を作り、神様に供えて、そのお下がりをいただく。それがおせちだった。

 「神様がお下がりに不老長寿の力を授けると信じられ、それを食べることで『これで今年も無事に、元気に過ごせる』と自信がついた。そういうよりどころがなくなれば、おせちは単なるアミューズメントになってしまう…」

 一般社団法人「和食文化国民会議」の代表理事を務める、東京家政学院大学名誉教授の江原絢子さんは、「おせちに大事なのは形より心」と強調する。

■おせちというと、縁起の良い多種類の食べ物を、美しくきっちりと重箱に詰めたイメージが強いが、それは明治時代以降に出てきたスタイルだという。地方に目を転じれば大皿に盛り付けたり、山菜を煮た簡素なおせちがあったり。お雑煮も各地で特色がある。多様性はおせちの、引いては日本の食文化の神髄だ。

 江原さんが憂慮するのはおせちの変化より、特に若い世代に“神社へお参りには行くけれどおせちは口にしない”という人が少なくないことだ。本来、新しい年の無事を願って食べるおせちは、家の中でするお参りと同じ。「その精神が引き継がれていない」と、江原さんは感じている。

 インスタ映えありきのおせちでも、それを入り口として、「若い人たちに地域や正月文化に関心を持ってもらえる可能性は秘めている」と期待を寄せる。

■受験生がいるから ※抜粋

 また、おせちを用意しなかった理由で多いのが「家族に受験生がいるから」。あえて普段通りに、との考えからか。でも、幸運を授けてもらいたい思いはひとしおなのでは。

 わが家で、せめて一品は手作りのおせち料理を用意して家族でいただく、というのがよさそうだ。2018年、年神様が多くの家に幸せを運んできますように。

配信2018.1.1 02:00
産経ニュース
http://www.sankei.com/premium/news/180101/prm1801010001-n1.html

★1が立った時間 2018/01/01(月) 10:09:13.88
※前スレ
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1514768953/

引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1514796544/


おすすめの記事!
5: 名無しさん@1周年 2018/01/01(月) 17:51:19.87 ID:lfDN3S7M0
>>1
いいのかって、
ごく一部の特例だけあげて煽んな。

65: 名無しさん@1周年 2018/01/01(月) 19:34:19.43 ID:mI/RGf+K0
>>1
結局、何でもいいことになったよな

洋や中のおせちが出た時点で、おせちなんて、何でもいいものに変わったよな

おせちすら食べなくても、問題ないくらいにな

68: 名無しさん@1周年 2018/01/01(月) 19:37:36.35 ID:o2uHcFG70
>>65
当たり前じゃん。何で食べないといけなかったんだ?

92: 名無しさん@1周年 2018/01/01(月) 20:20:19.14 ID:JW03r9ex0
>>65
元々こじつけて縁起担いでただけだし
年末や大晦日頑張る代わりに年明けぐらいゆっくりしようぜ
女も料理も作らず休息しようぜって物だし
冷蔵庫も電子レンジもある今好きなもの用意して食べて呑めばいいんよ

153: 名無しさん@1周年 2018/01/01(月) 23:09:57.76 ID:lDbYJAJ30
>>1
>「伝統を軽視している」「風情がない」と嘆く声も。

おせちの選択肢など数多くあるやん
前者は伝統重視、後者は風情のあるものを選べばいいだけのこと

158: 名無しさん@1周年 2018/01/01(月) 23:14:56.09 ID:QmIzCdba0
>>153
おせちで伝統とかいい出したら
今でも一部地域で残ってる山盛りご飯を神棚に供えるだけのものが本式
正月料理は比較的新しい流行なので年々変わっていっても問題ないと思ってる

169: 名無しさん@1周年 2018/01/01(月) 23:25:51.63 ID:qFCmVVtt0
>>158
そもそもが三が日お店がお休みだったから作り置いただけだもんな。

155: 名無しさん@1周年 2018/01/01(月) 23:14:31.00 ID:asqGnSst0
>>1
これのどこがスターウォーズ?!
旗みたいのなかったら、ふつうじゃん

343: 名無しさん@1周年 2018/01/02(火) 04:44:53.55 ID:CgeJlH7w0
>>1
どうでもいいだろそんなこと・・・、まったく、おせちっかいな記事だな・・・

23: 名無しさん@1周年 2018/01/01(月) 18:10:57.51 ID:Gg6dYrWx0
まぁスーパーで年末に見かける注文書のおせち、
あれは一回ぐらいは食べて見たい気もするけどね
でも、多分一回で良い

25: 名無しさん@1周年 2018/01/01(月) 18:13:58.08 ID:W4xkaSQb0
タラバガニも和牛も大量に売ってるけど、その一方でどん兵衛買ってる人も少なからずいるよね、大晦日のスーパー

35: 名無しさん@1周年 2018/01/01(月) 18:31:24.13 ID:7bAj9dCm0
「インスタ映え」、言いたいだけの記事ばっかりだな

40: 名無しさん@1周年 2018/01/01(月) 18:39:45.78 ID:ukYJmG5V0
おせちは洋風か中華がいいね。
あるいはそれらのチャンポン。

385: 名無しさん@1周年 2018/01/02(火) 08:54:57.74 ID:WLedySW+0
>>40
それはもはやただのオードブルなんじゃないか疑惑がw

76: 【禿げてなi】 【326円】 2018/01/01(月) 19:45:16.53 ID:ypbXYMtB0
和洋折衷おせちな時点で伝統もクソもない
うちも蕪の甘酢漬けにスモークサーモンを重ねて巻いてあったし

おせちはやばい野菜は雑煮と煮物だけ…
棒たらとか甘過ぎてやばい糖尿病まっしぐら

81: 名無しさん@1周年 2018/01/01(月) 19:50:38.18 ID:mcopncoY0
おせちは元々家業と家事の両方やってた主婦が正月ぐらい休めるようにと作り置きしたもの
目出度い縁起物が喜ばれるが別になにを入れなければいけないわけでもない
好きなものを入れたら良いし食べに行っても良い
好きにすればいい

177: 名無しさん@1周年 2018/01/01(月) 23:39:04.90 ID:gnZ/BSMd0
大事なのは形より心 by バードカフェ

190: 名無しさん@1周年 2018/01/01(月) 23:54:22.23 ID:72bx5ibt0
初詣!(鉄道会社のキャンペーン)
年賀状!(郵便局の以下略)
おせち料理!(デパートの以下略)

伝統(割と近年に作られた)を守れ!!

243: 名無しさん@1周年 2018/01/02(火) 00:29:26.85 ID:NGV0l9IA0
no title


はい

249: 名無しさん@1周年 2018/01/02(火) 00:36:35.87 ID:1x7YpqEX0
>>243
懐かしいなあ

373: 名無しさん@1周年 2018/01/02(火) 07:14:40.82 ID:8xcOMEtv0
>>243
これを見に来たw

273: 名無しさん@1周年 2018/01/02(火) 01:05:55.77 ID:YQrdgxcj0
バードカフェおせちの復刻版出せば絶対に売れるのに

312: 名無しさん@1周年 2018/01/02(火) 01:44:06.42 ID:mbbeDCK20
昭和のおせちは御馳走というより
どこの店もやってない正月三が日に

細々と食うようなものだったかとw

319: 名無しさん@1周年 2018/01/02(火) 01:48:42.98 ID:m8C9gPTZ0
>>312
子どもに「お父さんの小さい頃は元旦はオモチャ屋しか開いてなかったんだぞ。コンビニもなかったし」
と言うとびっくりされる

369: 名無しさん@1周年 2018/01/02(火) 06:58:55.15 ID:ogHIl4pT0
我が家のおせちはきんとん、くろまめ、伊達巻以外は
酒好きのおじいちゃんの好きな料理しかない
昼から酒を飲む為の料理だった
俺も酒飲める歳になった正月はじいちゃん嬉しそうだった

394: 名無しさん@1周年 2018/01/02(火) 09:29:02.60 ID:ZT7urCPe0
>>369
御節はそれでいいのだよ

395: 名無しさん@1周年 2018/01/02(火) 09:34:16.23 ID:2trjDx920
写真を撮るだけのレンタルおせちが流行りそう

398: 名無しさん@1周年 2018/01/02(火) 10:04:47.75 ID:IluKFYylO
>>395
それなら精巧な食品サンプルでいいな

408: 名無しさん@1周年 2018/01/02(火) 12:27:58.27 ID:iu+CR9+y0
おせちって、昔から保存を考えた料理だから塩辛くって不味いだけ
しかも、売り物の高級おせちは保存料漬け
今の時代、年明けそうそう、どうしてわざわざ体に悪い物を大量に食しなければいけないのか

409: 名無しさん@1周年 2018/01/02(火) 12:39:23.05 ID:KPJBluRR0
>>408
そんなわけない。昔は当日に食べるやつのはず。


皇室の新年行事とお正月料理 「皇室日記」より
no title

no title

no title

http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1661.html


御節料理 - Wikipedia
御節料理(おせちりょうり)は、節会や節句に作られる料理。
節日のうち最も重要なのが正月であることから、正月料理を指すようになった。
「おせち」は「御節供(おせちく、おせつく)」や「節会(せちえ)」の略であり、中国から伝わった五節供の行事に由来する。
奈良時代には朝廷内で節会として行われ、そこで供される供御を節供と言った。
現在のような料理ではなく、高盛りになったご飯などであったとされる。
もともとは五節句の祝儀料理すべてをいったが、のちに最も重要とされる人日の節句の正月料理を指すようになった。
重詰めへの移行
天明の頃までは食べていたがそれ以降は飾るだけとなり、正月料理は重詰め等へと変化していく。



近代におけるおせち料理の形成と婦人雑誌
『婦人之友』・『婦人画報』・『主婦の友』を中心に
明治期の重詰め
『家庭之友』においては,すでに刊行間もない明治36年12月号,37年12月号,38年12月号,39年12月号において,重詰め料理が紹介されている。
ただし,明治36年12月号では「家庭料理」と題しているが,実際には三段の重詰め料理であった。
明治37年以降は,同一人物と思われるが宇山録子,宇山禄子,宇山夫人という名称により「正月料理」という題になる。だがここでは重詰めの料理ではなく,年始客接待用の客膳料理であった。
吸物やぬた,煮染めなどもあるが,中心的なのは口取りであり,松竹梅にちなんだ梅花卵や末広筍,松笠烏賊,蓑笠松茸や,きんとん,厚焼き玉子などが登場している。

明治44年12月号になると,客膳料理のメニューであり,吸物,柿なます,煮物,刺身が紹介されるが,口取りとして「小鳥もどき・松笠烏賊・松葉銀杏」があげられ,やはり口取りの占める割合が大きい。
以上,『家庭之友』,『婦人之友』誌上での正月料理は,明治期後半の段階ですでに重詰めが紹介されているが,その頻度は必ずしも多くなく,一方で客向けの本膳の紹介の方が多いことがわかる。

そして祝い肴や煮染めといった近世以来の正月料理に,口取りが加えられられるだけでなく,記事の中で重要な位置を占めていくようになったことが大きな変化である。
つまり現在の重詰のおせち料理のなかで一重を構成する口取りが,明治期になって重視されていったことがわかる。

さらに特筆すべきは,すでに正月の料理の一部として洋食が紹介されていることである。
明治37年12月号には牛のタン,明治38年12月には蠣料理が,おせち料理に添える物として様々なメニューとともに紹介され,重宝するものとして記事になっている。

一方,『婦人画報』は,本膳料理や会席膳など,重詰め料理の登場する回数はかなり少ない。
刊行翌年の正月である明治39年1月号には,四条流家元で石井泰次郎が「勅題料理新年河献立」として,歌会始の勅題「河」にちなんだ本膳料理から始まる。
石井は四条流料理人として,有職故実を研究することから,正式とされる本膳を取り上げたものと考える。
また明治43年1月号には,「武家で祝ふお雑煮」として故実の雑煮と三献で使われる数の子や昆布などを正月の由緒と述べ,料理の作り方自体は紹介していない。

重詰め料理が登場するのは成女高等女学校の吉村里子によってであり,1910(明治43)年,1911(明治44)年と2年続けて紹介されている。
明治43年12月号の「総菜と正月料理」には吸物,小鰭の煮びたし,鮭蒲鉾,慈姑きんんとともに松竹梅正月用重詰めが紹介されており,吸物以外はすべて口取りである。
ただし松竹梅正月用重詰めは,缶詰松茸,缶詰筍,慈姑梅型とかなり簡単な口取りである。
https://rekihaku.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=2263&file_id=22&file_no=1

442: 名無しさん@1周年 2018/01/02(火) 17:29:55.20 ID:UkhJt6JT0
うち未だに年神様祭ったり庭にある社にお供えしたりしてるよ
ごく少数になってしまっているとは思うけど、こういう素朴な行事の積み重ねが伝統を受け継ぐってことなんだと思ってる

444: 名無しさん@1周年 2018/01/02(火) 17:47:44.92 ID:d03TuTdh0
>>442
いいご家庭だわ
うちも作ったおせちは大皿にいろいろ盛って神棚の前にお供えしてる

451: 名無しさん@1周年 2018/01/02(火) 18:23:38.30 ID:Dqek8re10
おせちは昔は作ってたんだよなあ。
ばあちゃんが作ってくれてた。
いまは、どっかのホテルで買ってきて
酒飲みながら、箱根駅伝がスタイルになってる。

まあ、それでいいんだけどな。

コメント

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

人気記事ランキング

    このページのトップヘ